書評

クレア・ビショップ「『人工地獄』10周年記念再版本への序文」について

土偶を読むを読むを読む〜「土偶=植物」という新説を巡る攻防

二人の国民的作家を育んだ美術を巡る旅 ホンダ・アキノ著『二人の美術記者 井上靖と司馬遼太郎』(平凡社、2023)三木学評

絵画と文学から読解する近代西洋社会成立の精神史「書評 高階秀爾著『ヨーロッパ近代芸術論−−「知性の美学」から「感性の詩学」へ』筑摩書房・2023年」秋丸知貴評

Mavo村山知義パフォーマンス

アナーキーな美術史の読みかた 「アナキズム美術史 日本の前衛芸術と社会思想」 足立元著

急激に電化する都市と景観美の行方『電線絵画』三木学評

謎の薬草コンタラエルハとは何か?「書評 渡邊耕一著『毒消草の夢――デトックスプランツ・ヒストリー』青幻舎・2022年」秋丸知貴評

戦前と戦後のイメージを結ぶカラー写真研究の成果『戦後京都の「色」はアメリカにあった! カラー写真が描く<オキュパイド・ジャパン>とその後』三木学評

クレア・ビショップの論考「情報オーバーロード Information Overloaded」について

クレア・ビショップの論考 「Rise to the Occasion」について